考えて作ってもいい
けれど、作ってから考える
というやり方も確かに存在するんだよ。


それは、
このイラスト↓
作ってから考えてもいいイラスト
のように・・・

考えて作ってもいいけど
作ってから考えてもいいんだよ。


ということですが、
そうなんです。

頭で考えて作るのもいいけど、時間がかかります。

考えて考えて、でもやっぱりや〜めた
ってなるのは無駄はないけど
何も学びがありません。
だから、とにかく先ずは作ってみればいいんです。
簡単にでも作れば次の課題が見えてくるから・・・

では、解説です。


スポンサーリンク


それでは、
解説になりますが、

何をつくろうかなぁ。

って考えて、
それから作る!

というのが一般的でしょう。

たしかに、考えなしに作っても失敗することが多いですもんね。

でも、
作ってもないのに、
どうして考えられるのかな

って思ったりもします。

だって、
作ってみないと何が良くて何が悪いとか
何が足りないとか何が余分だとか

そういったのが見えてこないから。

だから、
先につくっちゃおう

プロトタイプ(試作品)でもいい、
それも難しいなら
既製品を買って組み合わせてみるでもいい

なんでもいいから、
さぁ作ろう!

そして、考えよう
もっと良くするためにできること。

では改めて↓
先に作ってからその後を考えるイラスト

そう、作ってみてなんぼだよ

・・・

というわけで、
ただ考えたって何も始まらない。

行動あるのみ、
とにかく作って作って作ってみてね。

あなたのオリジナル作品を。


スポンサーリンク


それでは、
ここまで読んだなら、

とにかくいますぐ何かを作ってみよう

ここまでお話した通り、
普通であれば考えてから作るけれど、
とりあえずでもまず作ってみてそれから考えればいいんだよ。
作れば初めてわかる世界があるからプロトタイプ(試作品)をまず作ろう

さて、あなたは何を作るかな?
いまそれを考えてみよう!
了解と言うイラスト



スポンサーリンク


そして、作ったらそれを元に改良版を作ろうね!

そして、
最後の最後に、

「あとで」、なんて言わないでいますぐ作ろう!

考えてばかりの人は結局作らないよ!
だから、
そんな人は放っておいていいから、あなたが先に作ってしまおう!
さぁあなたは何を作りますか。
今週1週間でなにかひとつでいい、作ってみよう。
これからの人生に繋げていけるようにね。

コメントを残す

正しい数字を入力してください。 *

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事