見返り求めずやってみよう
そうでないと
本来もらえるはずのものすらも
もらえないから


それは、
このイラスト↓
見返りを求めると与えられないイラスト
のように・・・

与えれば与えられるが
見返りを求めると
与えられない


ということでなんだけど、
本当に与えれば与えられるんだよ。

あなたが周りに与えたものが、あなたが周りから与えられるものなんだよ

だから、周りに出し惜しみなく与えていけば
やがて裕福になれます。

でも、ね
ここがややこしくて
見返りを求めたその途端に与えてもらえなくなります。

なぜなら、
っていうことを今から解説していきますので
ぜひ最後まで読んで「与えてもらい上手」になっていきましょう。


スポンサーリンク


それで、
解説になりますが、

これは100%そうだと言いたいわけではありません。

自分のやったことに対し
見返りを請求すべきときは、

ねぇ、お金払ってよ!

って請求すべきです。

でも、

相手に喜びや満足感を与えたい
という純粋な気持ちでやったのなら

見返りを求めず
どうせ何も返ってこないだろう

って思って
与えておいた方がまだいいんです。

と、いうのも

逆の立場になればわかるけど、

お金や愛情など見返りが欲しいと
そういう裏の魂胆があって
やっているとしたら、
そんな人に

返したいって思わないから。

初めから下心のある人に返したいなんて思わないから

だから

こちらが一生懸命やっても何も返してくれなかったら
その人はそういう人だと思って

諦めればいいだけ。
または離れればいいだけ。

それよりも与えたいから与えるって気持ちでないと

相手だけでなく
自分もわだかまりが残るから

だから、
全力で無条件で与えよう!

なにも見返りを求めずにさ!

ということで
もう一度繰り返すと↓
見返りを求めずに与えるイラスト

ということで、
この世でそれが一番できているのは
なにかというと、

太陽

かもしれないね。

なんの見返りも求めずただ与える

だから、みんなに崇められ
愛され、感謝される。

あなたがそうであるように、

私もそうあり続けたいな
うん


スポンサーリンク

 
それでは、
ここまで読んだならあなたも

あの太陽のように見返りを求めずに与えてみよう!

やってあげたんだから、やってよ!
と見返りを求めてしまうと
本来もらえるはずだったものすらも与えてもらえない
というのはここまでに言った通り。

だから、与えて欲しいなら見返りを期待せずに与えよう!
太陽のように、絶え間なくひたすらに・・・

以前のイラストのように↓
太陽と月のように希望と優しい存在のイメージ
あなたは太陽のような希望なのだから・・・


スポンサーリンク


と、思っていればほら見返りが逆に来てしまうんだよ

だから、

笑顔でも優しい声がけでもいいから与えてみよう

必ずなにかしらの形で返ってくるから。
見返りをもとめず与えていれば、自然とほら、与えてもらえるよ。
楽しく笑うイラスト
って笑っているだけでもね。

コメントを残す

正しい数字を入力してください。 *

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事