奴隷にならずに、生きていこう!
状況の奴隷にならないためにできること
それは、焦った時に流されないこと


だから、このイラスト↓
焦りは状況の奴隷
にあるように、

ヒ〜、間に合わない!
ど、ど、ど、どうしよう!
やば〜い!

って、
状況に流され
走り出したり焦るとしたら、
それは、
その状況の奴隷と一緒なんだよ

ということなんだけど、
いかがでしょう?

なってませんか?
あなたは状況の奴隷になってませんか?


スポンサーリンク


意識して生きているようでも
無意識に流されている


気づけずに生きてる
ってことはないでしょうか。

ただ、なんとなくで
昨日と同じことを繰り返し、
なにか不測の事態があるとやばい、どうしよう、まずい

って焦ってしまって
そして必死にもがいて苦しむ・・・

それは状況に流されて
溺れているのと同じです。

そして、
そうやって流されていることすら気づかずに
社会の常識という名のもと

当たり前になってしまっているのなら

さぁ、抜け出そう!

状況の奴隷から抜け出そうね!
焦りはその状況の奴隷と伝えるイラスト
流されたら溺れるよ
流されたらコントロールされるよ
そして、
気がついたら主導権を支配されるよ

そうならないためにも、いつだって冷静に歩こうね!

・・・

というわけで、
つねに意識してみよう

いま自分は状況に流されてないかって

そして、
状況に流されているとしたら
気づけばいいよ

あ、いま自分は状況に流されてる
なら、この流れを変えるべく最善の行動をしてこう

って

そして、やってみよう。
その最善の行動で、流れの外にでれるように・・・


スポンサーリンク


そして、
ここまで読んでくれたなら、

今一度流されていないか客観的にみてみよう!

ふと思うと状況に流されすぎてはいませんか?
もしそうだとしたらそれは状況の奴隷というもの。
状況に流されたら溺れて流され主導権を握られるので
まずは落ち着いて主導権を取り戻しましょう。
了解と言うイラスト

そして、
最後の最後に

焦ったときこそ自分自身の主人であれ!

さぁ、そんなわけで
状況がなんであれ無意識に流されずに意識してやってこう。
そのために、以前お話しした指先を意識することや
指先でリズムをとることを心がけてみて!
指先の感覚に全神経を集めるイラスト
きっとどっちの世界にいるかわかっちゃうから。
そんな自分に向き合える1日に今日はな〜れ。

コメントを残す

正しい数字を入力してください。 *

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事