不必要に周りに影響され左右されるのは、

自分の足で立ってないからであり、
それは依存しているのと変わらないんだよ。

外的要因に左右されずに自分の足で立つイラスト
ということで、


テレビ、ネット、セミナー、宗教、
他人の意見や相手の機嫌、いいね数、
いわれのない誹謗中傷、
寒さ・暑さ、タイムリミット、
預金の残高、不測の事態

など、
外的要因に不必要に左右されるとしたら
それは自分の足で立ってるのではなく
周りに寄りかかって依存してるのと
なんら変わらないんだよ

イライラや不安、ドキドキなど・・・

あなたは
怒りの表情のイラスト

って、
他人の意見や態度に
極端に反応してませんか?

もしそうだとしたら、
それは依存なんです。

相手の意見や態度に、
影響を受けているに過ぎない

依存なんです。

他の例で言えば、
寒いときに「寒い」とか
暑いときに「暑い」だとか
つい言っちゃてしまうけど、それが無意識で言っているとしたら
それって温度という外的要因に左右されて
自分の感情を支配されているのと変わらない

依存なんです。

だから、
いつまでも
外を基準にしちゃいけないんだよ

基準はいつだってあなたの中にある

一人一人が決めるもので
他がなんて言おうとも

最後の最後に決めるのは自分でなくては
そこから立ち上がるのは
難しいんだよ

そうそう、他に左右されるか
どうかを自分で決めなければ
いつまで経っても人にお願いする人生だもんねー


そんなの嫌だよね
苦しいと思うイラスト

ということでポエムの結論

さぁ、そろそろ
自分の中に明確な軸を持とう

人がなんて言ったって
あなたがそれに従うかどうかはあなたが決めること

もちろん、このポエムに書いてあることだって
あなたが決めればよくって

どういう答えであれ
あなたが決めたことがあなたの中の正解なんだよ

いつだって、ね!

よ〜し、自分の足でしっかり立つぞ〜
お〜


うん、それこそが生き抜く強さ、だもんね

byにゃたりん


スポンサーリンク

それでは、本日のポエムまとめ

情報や人の意見に左右されているとしたら
それは自立でなくて依存、
そして、不自由さ。
なぜなら、自分自身を周りの何かにコントロールされているから。
自由でなくて不自由なんだ。
だから、そういった外的要因に左右されない
心の強さを持つ必要があるんだ。
今からでも・・・
なるほどと納得するイラスト

そして、最後に追伸とおまけ

このポエムを、
どうかこれからの人生で覚えておいてください。
あなたは外的要因に影響されて
もう自分なんてダメだとか、
逆に自分最高〜!とコロコロ変わるのでなくて
自分の意思で自分を生きてかなきゃいけないんだ
というか、その方が生きやすいし強くなれる
だから、
自分の足で立ち、外的要因をはねのける
バリバリにタフな精神力で生きられる1日に、
今日はな〜れ!



スポンサーリンク

コメントを残す

正しい数字を入力してください。 *

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事