あなたは普段どんな夢をみてますか?
怖い夢、楽しい夢
わくわくする夢
いろんな夢があるよね

では、

あなたは普段どんな現実をみてますか?

めちゃくちゃ楽しくって
楽しく笑うイラスト
っていう現実ならいいよね。
だけど、まったく望む現実ではなくて
もっとこうしたいなぁと思うなら、

このイラスト↓
夢と現実を同時につくるイラスト
のように・・・

現実と夢を同時につくれ・・・

ばいいんだよ。

その方法を今回はご紹介するね!


スポンサーリンク


さて、先ほどの、
現実と夢を同時につくれ・・・を、
もっと砕けて言えば、

「夢と現実を
同時に作っちゃおうぜ!」
なんですが、

しかし、

えっ?
現実を作れというのは、なんとな〜くわかる。
だけど、どうやって夢を作ればいいんですか?

納得できない表情のイラスト
と思う方が大半と思います。

私もそうでした。

そして、それが普通な反応なんですが、

でも、

そう思ってしまうのはなぜかというと、

夜みる夢は勝手に流れるものであり変えることができない。
かつ、変えることができたとしても一切現実を作るのに役立てることはできない

と考えてしまうからなんです。

そう、

夢は現実から切り離され固定された別の世界だ、
そう思ってるからなんです。

おそらく多くの人が、ここがわからないでしょう

なぜなら、
昼間見ている世界が現実であり、
夜寝ているときに見るのが夢の世界
と思うのが
一般的だからです。

すなわち、
夢と現実を切り離して考えているからです。
でも、

でも、
夢と現実というのは、
どっちかだけで存在するものではありません。

常に現実があり、
そして常に夢があり、
それが共存しているのが
いまこの見ている世界です。
分かりやすい例で言えば、
ベットやふとんで眠るイメージ
って
ふとんやベットで寝ているときは
肉体は存在してないわけではないんです。

寝ていても現実世界のそこにあるわけだし、

同様にして、僕たちは
昼間起きているときも夢の世界が消えているわけではなく、ちゃんと夢を見てるんです。

思考や妄想といった形で

気がつけてないだけで・・・
ちゃんと見てるんです。

それって本当なのかというイラスト

うん、本当に。

だから、

現実だけをよくしようとしても、ダメ!

無意識レベルの夢の世界がボロボロだと
それに引っ張られて自分で現実をダメにしてしまうし、

また、
夢の世界だけをよくしようとしても
いまある現実が健康的、経済的、人間関係的になどでボロボロの状態では、
夢の世界もそれに引っ張られて悪夢(不安や緊張、パニックなど)になる傾向が高いんです。

だから、
同時です。

夢と現実を同時に創造するイラスト
です。

同時進行です。

同時進行で良くしていくんです。

もっと言えば、
同時進行で改善していくんです。

さらに言えば、
同時進行で作っていくんです。

望む現実を叶えるべく意識して積極的な行動をしながらも、
それをサポートするように夢の世界を創造していく

そうやって、
夢と現実が手を取り合うことによって
夢は現実になるんです。

だって、
これはトンチかもしれませんが、
現実がひっくり返ると、実現するのだから。
「現実」→「実現」なのだから。
そして、現実がひっくり返った世界は夢の世界とも言えるのだから。
なるほどと納得するイラスト

だから、同時に作ってね。

あなたの望む夢の世界を。

そして現実の世界をね。

ということで、
難しい話をしまってごめんなさい。
ごめんねと謝るイラスト

でも、大切な話だと思うのでしてみました。

そして、もしあなたが
いま何かうまくいってないことがあるとしたら、
どっちかに偏ってないかをチェックしてみてください。

夢と現実、そのどちらかに偏ってないかを。

そして、
夢をコントロールしながらも、
現実をそれに合わせて乗っていってね。

まるで、
道なき道を切り開く
勇敢な冒険者のように。


ではでは、今日も良い現実を!
そして、起きながらにして良い夢を!


スポンサーリンク


それでは、
ここまで読んだなら、

現実と夢を同時につくるワークをやってみよう!

さぁ、今考えてみよう!
現実と夢同時に作るには何ができるかって・・・
そして、意識と潜在意識があるようにこの世界は同時に作れば
ほら叶っていくんだよ

だから、考えてみて
ゆめと現実を同時につくるには何ができるだろうって
それを今やってみよう!今!
了解と言うイラスト

そして最後に、

夢を創造しよう、現実を創造しよう!

それはあなたにすべての権限があるんだよ
あなたの人生はいつだってあなたのものだから、
あなたが主体的に決めていこうね!

コメントを残す

正しい数字を入力してください。 *

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事