おぉ〜みえるみえる!
動いてみえる、
静止画が動いて見える!


そんな想像力、あなたも小さい頃あったんじゃないかな?

でも、もしその想像力が今失われてしまったなら
このイラスト↓
静止画をイメージで動かそうというイラストポエム
にも書いてあるように、

子どもの頃のように静止画を動かそう
イメージで!
想像で


ということで、
想像力で動かせるようになっていきましょう。

その具体的な方法を
では解説です。


スポンサーリンク


大人よりも、
やっぱり子供の方が

すごい!

私も幼少期の頃の記憶がいまも鮮明にあるけれど

やっぱり当時の想像力はすごかったなー

って自分でも思います。

そして、子どものすごいのは
想像でいろいろ動かせるところ

1枚の写真が動画になったり

1枚の写真から人が飛び出してきたり

いろんな想像で楽しめる

それを大人はテレビの見過ぎでできなくなってしまったかもしれないけれど…

鍛えればできるよ

想像力の果ては宇宙の果てよりも大きいのだからさ!

そんなわけで↓
子供の頃のように静止画をイメージで動かすイラスト
想像力を鍛えるにはもってこいのやり方だね〜

でしょでしょ!
なんだか見てる世界がワクワクに変わるよね!
楽しく笑うイラスト

・・・
というわけで、
いろんな想像してみよう。

楽しいこと
嬉しいことが
リアルになるための準備になるから…

そして、頭のなかであっても
そこに完璧なまでの想像力の実態をともなえれば、
ほらできるよ!なんでもね。


スポンサーリンク


では、
ここまで読んでくれたなら、

あらためて想像でものを動かしてみよう

あなたが子供の頃にはきっと想像でいろんなものが動かせたはず。
あるいはそこにいない存在も出せたはず。
それを大人になった今でもできたなら、
それって素敵なことだよね。うん。

そして、
最後にもうひとつ

もっと子供になってもいいんじゃない?

せっかくだから今日は童心に帰ってみよう。
想像すると、空中に絵を描くことだって
いまいる場所を南国のビーチにすることだって
なんだってできちゃうからね。
あるいは、もっとすごいこともできてしまう。
そういった意味で子どもってやっぱり天才だね。
※ちなみに今回は白黒ポエムですが、想像力で色と動きつけてみてね♪

コメントを残す

正しい数字を入力してください。 *

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
すべての現実は夢の材料なんだよ
夢と現実
現実的にも、 夢の世界は現実を材料にしてるんだよ だからこそ、 夢を見てる時に夢を見ていると気づけない。 ってことは、 逆を言えば、 現実を...